Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>








qrcode



プリンス&プリンセス [DVD] オーラソーマ アストロロジー 新ネーミング・オブ・ザ・ボトル

カラーサロン いちごみるく FaceBook
AURA-SOMAタロット
今日のタロット
Moon Information
〜 色との出会い 〜

色・星・数・石…様々な観点からそれぞれにあった方法で
ココロとカラダに癒しと潤いを・・・
のんびり楽しく☆

各セミナーやスクール情報もご紹介★

まさかの?!ヤドリギ日記
20:30
気まぐれ更新、ヤドリギ日記。

これまではヤドリギの魅力?について語ってきました。

ここからは、少し日記らしく。。
(なるかな・・・?)

魅力的なヤドリギさん。

大きくて、立派な樹木に寄生しています。

おサルさんになれたら登って見られるのにな〜とよく思う。

そんな思いが強くなりすぎて(笑)

様々な文献を調べるも、国内では限度がある。

ドイツやイギリス、特にヨーロッパなどの論文を中心に探してみるもやはり少なかったり、和訳サイトに限度があったり(笑)

著しく成長の遅いヤドリギさんの成長記録というものは少ないのです。

ということは。

これは身近で観察するしかないんじゃないか!?と思うようになるのです。

自分で見る、育てる?が一番!

しかし、ヤドリギ仲間のGさんとハントしているヤドリギは雄株。

雄株には実はならない・・・

どうやって実を得ようか。

探しました。

そして入手!!

私のもとにやってきたのは12月です。

日本の実は黄緑色。

寄生させるために、皮から種子を取り出します。

いくつかあるうちの1つはツイン種★

種はネバネバのゼリー状のものに包まれています。

そのネバネバは層のようになっていて、さらに種子の周りは粘度が強いネバネバ。

これが樹木にしっかりくっつくためには必要なんだとわかります。

私の手に寄生するんじゃないか(笑)ってくらい粘度が高い。

これを樹木にこすりつけるようにしてくっつけます。

絵心のない絵。

知っていても説明するのは絵が早い(笑)

1)実がなる冬、種子は樹木にくっつきます。

2)たくさんの光を浴びて、春ころにちょびっと芽(個人的には足と言ってる)を出します。

3)初夏になるとその足はアーチを描きながら樹木に寄生するために足を延ばして樹木にくっつきます。

4)また寒くなる冬、しっかりと樹木に寄生し、樹木の中に根を張っていきます。

5)種が樹木についてから約3年程かけ、ようやく葉を出します。

お花やお野菜の芽は数日〜数週間もあれば芽を出します。

しかし、ヤドリギさんは3年程かかるのです。

ですが。

その葉に出会うためには、(2)で芽を出す、(3・4)で樹木にしっかりと寄生するまでの間、樹木からはがされてはならないのです。

少ない発芽率に加え、さらに寄生するまでの間、雨風や鳥につつかれなかったり、枝が折れない事など考えられるありとあらゆる妨害に耐えなくてはならないのです!

2017年12月6日、私の寄生させた種。


寄生主はシマトネリコさん。

ストイックな環境の中、ヒョロっとしながらもがんばってくれています(*^^*)

いくつ芽が出るかな。
(実はいくつ寄生させたのか全く覚えていない)

たくさん種をGETできたので、ヤドリギ仲間Gさんへお裾分け。

早速梅の木へ寄生されていました。

そこから2〜3ヵ月がたち。

すっかり忘れていたころ。

1月28日 Gさんから届いた写真には・・・

芽が出てるーーー!!!


そこから数日たってまた届いた。


ブリッジになってきているの!!

これが2月11日

実の皮をコナキジジイのようにしょってる(笑)

これがナウシカのオームみたいに見えてかわいい!

2月25日 梅のつぼみと共に。

しっかりとアーチ状になっています。

この時には、我が家のヤドリギには全く変化なしだったような・・・。

寄生させた場所が悪かったのかな。

光が足りなかったのかな、とかいろいろ考えていたのです。



さて次回は。

我が家のヤドリギさんがどうなったのか?!

おたのしみに(*^^*)

つづく★

| 2018.05.02 Wednesday | ヤドリギ日記 | comments(0) |

ヤドリギ日記〜葉〜
18:30
ヤドリギ日記。

今回のヤドリギ日記のテーマは、

「葉の成長」です。

今サロンにあるヤドリギを採取してのは昨年12月。

大量にハントしてきました。

ハントしてきたヤドリギさんはまず、水につけます。

これは洗浄も含めています。

なぜならば、、、

その後乾燥させてお香用の材料にしたり、ヤドリギ茶を作るためです。

いくつかの束は花瓶にさしてサロンで飾っていました。



サロンにいらっしゃった方々からは、不思議そうにこれは何かと聞かれ。。。

そうですよね。

花瓶には花ではなく、緑の物体が大量にあるんですもの(笑)

しかし、なぜか愛らしい葉っぱなのです。

以前にも少しふれましたが、ヤドリギの葉はとてもシンプル。

これは、「分化していない」というそうです。

多くの植物の芽は、初めに双葉をだし、その後成長と共にその形を変えます。

この形を変えていく段階を「分化する」というそうです。

ヤドリギの葉はいつまでたっても分化しないまま最初と同じく2枚の葉がセットで出てきます。

これは、がん細胞と共通しているようです。

葉の成長を私たちの細胞の成長として捉えると、葉が分化するように、私たちの細胞も分化しながら成長します。

ところが、がん細胞というのは分化しないまま増殖・成長するんだそう。

ということは。

がん細胞と同じ成長の仕方(分化しないまま成長)をしているヤドリギの葉は、がん治療に有用であるという考え方ができます。

樹木の樹脂であるフランキンセンスがアンチエイジングに良いという考え方に似ています。

私たちは、樹木を傷つけてその樹脂を採取します。

樹木側は、樹脂を出してその傷ついた部分を修復しようとします。

その際に分泌されるのが「フランキンセンス(樹脂)」。

興味深いことに、フランキンセンスもがんに効果的だという記事を読んだことがあります。

自然の法則は、私たち人間の構造と本当によく似ていると思う。

だからこそ、古来より形を変えず成長し続け、今に至るこのヤドリギには隠された多く見魅力があるんだと思う。

そして、ハントしてきたヤドリギ。

ヤドリギは、寄生主となる樹木から栄養を得ているので、おそらく水にさしただけでは成長は見せず、短期間の緑を楽しむだけ...と思って飾っていました。

これが樹木に寄生していたら、この先端から3月頃かな?花が咲きます。

あぁ...花が見たい。

数日してからまた眺めていると...

あれれ?

明らかに葉っぱが伸びているのでは?!

全く同じ部分の撮影ではないものの...

全体的に葉が出ているような気がする!!?

もしかして、もしかしちゃう?!

と、期待をして毎日眺めていました。



結果。



寄生主がないと栄養が取れないため、ポロポロと大きな葉を落としていく。

ゆえに。

もしかしないという、当初の想像通りの結果となりました(=_=)

ちゃんちゃん。

次回は。

そろそろあのネタにしましょうかね(*^^*)

つづく☆

| 2018.04.06 Friday | ヤドリギ日記 | comments(0) |

ヤドリギの種類?!
00:40
ぽつぽつ更新しているヤドリギ日記。

その種類はひとつだけではないんです。

一般的に言われる「ヤドリギ」につづき、

他には「オオバヤドリギ」・「ヒノキバヤドリギ」・「ホザキヤドリギ」などなど。

この3つにはあまりレーダーが働かず、発見していない(しても気づかない?)のです。

ドイツのサイトでは、ヤドリギ科には7種属あり、500種以上あるそう。

そして、オーストラリアにはほとんどないんだとか。

そういえば、オーストラリアにはヤナギもほぼないんじゃなかったなぁ。

さてさて。

本命のヤドリギちゃん。

実は、日本でみられる実は黄緑色。

まだ硬い若い実は更にその色が濃いです。

熟すことで色は薄くなっているような。。

これは以前入手した実たち。

ネイルで季節が分かるf^_^;

Getしたのは12月です。

少し実がつぶれ、その粘度によりいくつかの実は仲良くくっついています。

こちらはセイヨウヤドリギと言われるヤドリギ代表!!

その実の色は、日本のものと違い、白っぽくホワイトカルセドニーのような色合い。

この白さがまた美しい!!

多くあるヤドリギの絵はこのセイヨウヤドリギの白い実が書かれているのかと。

ハンドメイドアクセサリーでも、ヤドリギの実の部分をパールでつくられていることがあるのもこの実がモデルなのでしょう。

イギリスの、とあるアーケード。

ここに季節限定で出没するヤドリギのオブジェ?飾りは白い実なのです。

さらにさらに。

こちらはアカミヤドリギ。

その名の通り、実は赤い。

これは出会ったことがない。

生態系は白、黄緑の実をつけるヤドリギと同じような感じなのかなぁ・・・

あまりレーダーが反応しないけれど、アカミヤドリギさんにも出会ってみたい気がする。。

みんな可愛く、模様では無いんだろうけどお尻の部分には点々がついてるのよね。



いずれも実をつけるのは、冬です。

なので、古来より作物をとることが比較的困難な冬に実をつけるというのは、とても生命力にあふれており、多産、豊穣と言われるのは納得です。

さらに、特にヨーロッパは雪に包まれ、エサが少ない寒い冬。

鳥たちは餌となるこの実を求めてやってくるのも納得です。

そして。

そのお花は、これからの季節!

春に咲くのです!!

その花はとても小さく数ミリであると言われます。

雄花と雌花ではその形状が若干変わります。

雄花は花粉をより雌花に届けやすいように、雌花はその花粉をキャッチしやすいようになっています。

そもそも雄雌異株なので、その花粉をいかに効率よく相手に届けるかというのが重要ですね。

その花粉は、虫によって届けられるのか、風に乗って届くのか。

小さな蜂がとまっている画像など見たことがあります。

しかし、その虫によって全てがまかなえるのか。

風媒花の性質もあるのではないだろうか・・・

しかしこれも、離れた場所へ届くほどの力を持っているのかというのも考えどころ。

まだまだ課題の残るところです。

さすがに文献は少なく、特に日本語訳は本当に少ない。

英語の文献があったと思っても、和訳サイトなど使いながら調べても収穫はあまり多くなかったり、単語すら分からず、笑ってしまうドイツ語だったり(笑)

よく芋づる式にそこまで調べたなぁと感心(笑)

今年はその花を見られるように、ヤドリギのお花ハントかな(*´з`)

そして、以前も少し書きましたが、その実をつける雌株の葉は少し肉厚なような気が。。

雄株の葉はスリムさんのような感じがします。

ヤドリギの実ですが、それぞれ1つの実には1つの種子が入っています。

中にはたまーにツインの種子が入っていることも。

その確率は、シングル種子が約70パーセントほど。

ツイン種子は約30パーセントに満たないくらいかな?

残りの数パーセントは種子が3つも入ったトリプルちゃん!!!なんだそう。
これは見たことがない。

これは、以前実をGetした際に中の種子を取り出してみました。

ヤドリギが寄生準備をするために足?芽?を出すまで約1ヵ月以上。

そして、そこからさらに、本格的に樹木に足を延ばして本格的に寄生し、初めての葉を出すまでに約3年以上。

花が咲くまでの期間は約5年と言われているよう。

多分雄株のほうが少し早く咲くのではないかと予想ができる。

女子が子を宿すまで、若すぎてはならない自然の摂理なのかな?

男子は子孫繁栄のために、若くてもがんばれる?

葉もシンプルな形状。

様々な葉があり、それぞれ成長と共に変わったり、進化の過程を経ているのに、これほど原始的な葉の形を維持しているのは魅力の一つ。

ひと節1年というものすごいローペースで成長するヤドリギさん。

必死になってその種子は樹木にひっついていないといけないのです。

そのためにヤドリギの実が優れたのは、種子を包む粘膜をものすっっっっごく強くすること。

実の皮の中側はプニプニのゼリー状。

更に種子の周りには、それを包み込むようにさらに粘度の高いゼリー状のもの。

手にそれが付いた時には、手に寄生されるんじゃ・・・(*_*)ってくらいネバネバ粘度!!!

これが特定の鳥のお腹を通っても消化されきれず、ネバネバを維持したままの糞となり、種子を守って寄生するのです。

特定の鳥は、ツグミやヒレンジャクなどがいます。

中には、実を食べてもすりつぶしてしまう鳥もいるんだとか。

この鳥さんたち、実を食べて糞をするまでに数分〜60分程なんだとか。

なので、その種子を遠くに運ぶことはできず、食べながら糞をして、ヤドリギを寄生させたり、食後に近くにある他の樹木に止まり、ポトっと糞をするのです。

だからこそ。

ある場所にヤドリギを見つけたら、必ずと言っていいほどその近くには他のヤドリギがあるはずなのです。

ぜひ、ヤドリギを見つけたら、その周り、近所の樹木にもレーダーを働かせてみてください。

どこにもここにもあるわけではないですが、きっと見つかるはず★と思っています。

長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

次はいよいよ???

つづく★

| 2018.03.15 Thursday | ヤドリギ日記 | comments(0) |

ヤドリギレーダーが存在する?!
01:43
ヤドリギ日記更新3回目です。

初めは更新頻度が高いものと思われます。

今回は、「ヤドリギレーダーというものが存在するのか?!」という事。

最近車などにも誤作動を察知するセンサーがありますよね?

そのヤドリギ版です。

ヤドリギを見つけると、アラーム音を鳴らして教えてくれる。

そんなのがあったらいいよね〜



結果から言うと・・・



そんなものは存在しない!

けれども、人の感覚にはあるんだと思う。

結構私、ヤドリギを見つけるのが得意!

その感覚は年々研ぎ澄まされていきます。

ヤドリギストーカーなのかも。

今日は、「ヤドリギレーダー」改め「私が出会ったヤドリギ」をご紹介

まずは、四国へ仕事で行った際。

友人が運転する車から見えたアフロの集団のようなヤドリギ様!

あまりにびっくりして叫んじゃうもんだから、友人はきっと相当迷惑びっくりしていた。
ここは、四国に行くたびに凝視するスポットになりました。

この一帯、すごいの!

ここまで成長するのは20〜30年ほどかかっているはずなのです。

おサルさんみたいに木に登って見に行きたい・・・

ある程度時間がたつと、ヤドリギの性質が分かってくるとともに、見つけ方もわかってくるような。。

ヤドリギは主に落葉樹に寄生することがあります。

そして、冬に実をつけるので、ハゲている樹木たちをみていると見つけるきっかけになります。

ただ、その場所や樹木の種類によって寄生しやすい、しにくい?というのがあるようです。



数年前、シラカバの樹液を採取しに北海道へ行きました。

シラカバの樹液は採取できる時期が1年のうち、1〜2か月ほどしかなく、さらには1本から採取できる量も限られる。
(採取しすぎてしまうと樹木が弱ってしまうため)
そのまま飲むことも、化粧水にすることもできるけれど、本当に新鮮なもの、非加熱のものを味わいたい!採取するところを見てみたい&体験してみたい!とケルト仲間のKさんとビュンっと飛び立ったのです。

北海道に到着し、長い道中バスにのって外を眺める。

場所的にも、樹木的にもチャンス到来!!

目からビームが出ているんじゃないかってくらい外を凝視!!!
シラカバの樹にもヤドリギは寄生します。

樹皮は白く、色白もちもち美人肌のシラカバさん。
女神の腕にはヤドリギがいるはず!!
ビンゴ!!

ヤドリギレーダーがピーピーなってます!

自分で運転していたら…山に入り込んでいたでしょう。。。

左側のヤドリギはもう立派に成長していますね。

右側にあるのは・・・きっとまだ若いヤドリギではないでしょうか。

アフロになるほど成長はできず、しかし十分な年月を過ごしているでしょう。

なんてったって。

寄生してから初めて双葉を出すまでに3年はかかると言われているのですから。



こちらはケルト仲間Kさんのヤドリギレーダーが反応した場所です。

お引越しをされたので、お邪魔してきた際に教えていただきました。


神社に生える立派な樹木にボンボンとヤドリギ様方!!

何の樹だったかな?

こちらは、同じ敷地内にある桜の木。

日本では桜の木にも寄生しています。

ヤドリギ医療の本場ドイツでは桜に寄生したヤドリギの研究が進んでいないのが残念!

ヤドリギの宿り主によって、その働きは変わってくるのです!!

これは面白いお話でした。

更には宿り主だけではなく、採取する時期によっても・・・。

このヤドリギは実がなるので雌株。

喜んで拾いましたが、まだまだ熟している実は少ないです。

時期は、10月。
(自分のネイルで時期が判断でる(笑))

分かりますか?

実が緑色でまだ硬そうです。

1つだけ大きな、茎のついた実。

これは熟しています。
(触るとブヨっとします)


柔らかい正体はまた登場しますが、粘土が高く、鳥のが実を食べても消化されることなく種を守る物体なのです。

そして、後程出てくるヤドリギの葉っぱと比べてみてください。

雌株の葉は、少しぷっくり、女性のように若干ふくよかなのです。



こちらは、たまに行く公園。
桜の木に寄生しています。

すっかり夜ですが、立派に成長しています。

公園なのに、みんな騒がないのよね。

上手に作った鳥の巣だと思ってるのかな?


その公園から少し離れたまた別の公園の裏山。

レーダーが反応し、ハゲ山を凝視していると・・・

やっぱり発見!!

けどこれ、雄株かなー。

雌株は比較的集団で近場にボンボン寄生しているような気がする。

近くまで行けなかったのが残念です。



こちらは、某有名な温泉街の近く。

まさかこんなところで出会っちゃうなんて!!

一緒に行った知人そっちのけ(笑)

遠くでみている分には、ポキっと一枝できそうなほどなのに。

絶対手が届かない。

そう考えたら、古代ヤドリギを採取していたドルイドたちは木登りが上手だったのね。

木登りなんて何年してないかしら。

以前ハンノキの果樹を採取するために登ったくらいだわ(笑)

今度はぜひヤドリギのために!!

他にも、カメラ起動が間に合わず、シャッターチャンスに恵まれなかったヤドリギさんたちも多々・・・

関東で見るヤドリギは希少なのですが、分布図をつくると以外にも関東でも会うことができるのです。
(ただ単に私が出かけた場所なので、偏りはおもいっきりありますが)


これ、公園で採取したヤドリギ(雄株)さん。

やはり、葉がうすめで細身男子な感じ。

今度はヤドリギの魅力の少し深い部分にもふれてみたいなぁ、と思っていたりするのです。

つづく★

| 2018.03.06 Tuesday | ヤドリギ日記 | comments(0) |

人体実験?!
19:19
ヤドリギ日記。

今回の更新テーマは「人体実験(笑)」

私のヤドリギ仲間であるGさんと共にハントしてきたヤドリギさんをドライにし、ヤドリギ茶を作ってみました。

十分すぎるほど乾燥時間はとっていました。

いざお茶にしようとすると勇気が・・・

ヤドリギの素晴らしさは十分すぎるほど感じている。

が、しかし。

どんな味なのか?

方法は様々あるようで、乾燥した葉をお茶のようにして飲む方法や、水からグツグツ煎じる方法などなど。

お茶の産地、静岡出身の私としては、ドライにしただけのハーブティーっぽい感じでよいのか?と思ったりもしていたのです。

生前祖父は農業をしており、お茶摘みやお茶工場なども一緒に行っていました。

だからこそ余計にヤドリギ茶の作り方も様々な方法を試したかったのです。

結局は、ハーブティ方式で入れてみたのです。

初めはおそるおそる少量から。

うすかった。

色が・・・

そのお味は。

味付きの白湯!

鼻に抜ける葉っぱぽい香り。

今度はもう少し濃く入れてみよう。

カモミールなどとブレンドしてもいいかも。

試してみたい!という方、サロンにいらした際に言ってくださいね(*^^*)

あくまで、自己責任でトライしてます(´ー`)

ヤドリギ茶、日本では全く有名ではありませんが、韓国や中国では飲めるカフェなどがあるようです。

お茶っぽいとか、柿の葉茶っぽい味というコメントを聞きます。

茎だけよりも葉を入れた方が苦みが出るとか。

ヤドリギ茶に期待できることは、おぉーー!!という事がいろいろ言われていたりしますが。

私が書くのは薬事法的に大丈夫かな?

と思ったりするので、記載は控えさせていただきますね。

ヤドリギトークで盛り上がった時にペラペラしゃべってしまうかもしれませんが・・・

さーて、さっき入れた自家製レモングラスとブレンドしてみよーっと♪

| 2018.03.04 Sunday | ヤドリギ日記 | comments(0) |